アマモ

3月16日土曜日

 

 

 

 

 

 

雄勝の浜では「ワカメ」の作業で忙しい時期です

そんな中・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

アマモの調査を始めました

「海をつくる会」の坂本さん、鈴木さんが横浜から来てくださいました

雄勝湾支所の阿部委員長と共に調査開始です

 

 

 

 

 

 

海は透明度が高く、昔からの「雄勝の海」です

潜っていただいた坂本さんによると、まだまだ海底には瓦礫がたくさんあるそうですが・・・

 

 

 

 

 

 

大浜、立浜を調査していただいたところ、多少のアマモがあったようで採取をし立浜に試験移植をしました

坂本さんが用意してくださった竹に採取したアマモをくくり海底の砂地に移植をするんです。4時間かけての作業になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防波堤は壊れたままで、地盤が下がっているのがわかりますか?

昔はたくさんあったアマモ。

光合成をすることによって海をきれいにし、子魚などの隠れ場所、産卵場所として大切な植物です。

 

 

 

 

 

 

坂本さん寒い中ありがとうございました

店こ屋の「伝八寿司」で遅い昼食と海底の状況説明をしていただきました

 

 

 

 

 

 

女川のトレーラーハウスホテルです

この日はここにお泊り

お部屋は広くきれいでとてもゆっくり出来ました

女川に来られたら是非!

 

商工会の高橋さんも交えての水中動画を見ながら、今後の活動についての会議です

10年計画!雄勝の海がきれいになるまで、みんな元気でいなくちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク